贈る気持ちが伝わる品物をしっかり選びましょう。

羽子板で楽しむ

お家のなかでの飾り羽子板

羽子板は女の子の成長を願う、玩具の一つなのです。お正月やその冬の晴れ間に、床の間から外へ持ちだして遊ぶ姿が伝統的です。最近では羽子板をつかって、子ども同士での羽根つきも少なくなったようです。一概には云えませんが、二人以上のお子さんで、羽根をつきますので、お家での丁寧な保管になるのでしょう。そうして女の子のお子さんへの、お祝いの品であることへ続いています。お子さんの初節句には、無病息災を願って、贈られるお祝いの品なのです。また誕生のお祝いに、祖父母や親戚から、の贈り物になりますので、周囲で相談されてから贈られると記念にのこります。この時に正式には、先程のように、本来の玩具として遊ぶのが習わしとなります。

羽根つきの成功は時代とともに変化する

そうはいっても美しい羽子板を、外で使うには気が引ける方もいらっしゃるでしょう。羽子板の文化は早くて、室町時代の習慣になります。12月中旬には床の間で、飾りお正月までの期間を、お祝いする一品になります。江戸時代には無病息災を、一年の計でお祝いするという意味で、羽根つきをしていました。子どもの暮らしのうちに、夏の大病がないように、虫の見立ての羽虫を元気よくつく事で追い返したのです。さらには羽子板で上手に、羽根つき遊びをすることで、1年の占いをするという意味があります。今ではもう装飾的な、仕様のみを心掛けるのが一般的でしょう。それも時代に応じた、お喜びの意味なら、全然かまわずにお祝いできます。また飾っていても素敵な羽子板があるので、好みでも大丈夫でしょう。

Copyright (c) 2015 贈る気持ちが伝わる品物をしっかり選びましょう。 all reserved.